失敗しないための引越し知識

引越し業者への心付けの考え方

投稿日:

心遣い
 日本ではあまりなじみのない習慣のひとつに、「チップ」というものがあります。
チップというのは、主に外国、とりわけヨーロッパで広く普及しているものです。
例えば、カフェに入ってコーヒーを頼んだだけであっても、チップを支払う可能性もあります。
ヨーロッパでヘアサロンに行って、ケープをかけてくれた人に対して、チップを渡すこともあります。
昔は、そのチップが収入の全てでしたので、必要性が高かったのですが、今では別に給料ももらっているので、昔ほど必要性は高くありません。

 では、日本ではそんな風習が全くないかというと、そんなことはありません。
格式の高い旅館などでは、チップではなく「心づけ」という名目のお金が存在します。
名前は違えど、チップと性格は似ています。

 引越し業者においても、実はこの「心づけ」制度は残っています。
もちろん引越し業者のスタッフは、業者から別途給料をもらっていますし、依頼する側も業者に料金は支払っているので、あまり支払う必要性もありません。
しかし、心づけの持つ性格を考えると、これをあげることは、大きな効果があります。
心付けは、サービスを受けてから与えるものではなく、あらかじめ渡しておくものです。
旅館でも、最初に挨拶に来た仲居さんに対して渡します。
「よろしくお願いします」の意味がこもっているのです。
ですので、作業開始前に、スタッフ全員に対して心付けを渡しておくと、作業のモチベーションがアップします。

 では、心付けというのは何を渡せばいいのでしょうか。
もちろん、現金を渡しても構いません。
しかし現金ですと、その金額によってモチベーションがあがる場合と、そうではない場合があります。
別に、現物を支給しても構いません。
では現物を渡す場合には、何がもっとも喜ばれるのでしょうか。
それは、冷たい飲み物です。
冬の時期でも、引越しのスタッフは多くの汗をかきます。
水分補給は欠かせません。
夏の暑い時期に冷たい飲み物をもらったら、それこそがんばれるというものです。







-失敗しないための引越し知識
-

Copyright© 引越し業者見積もり館~おすすめの安い引越し業者を比較~ , 2017 AllRights Reserved.