引越し手続き

引越しの手続き:前日にすべきこと

投稿日:

 引越し予定日が決まると、荷造りを徐々に行う事が必要になりますが、荷造りもあまり早い時期から開始してしまうと、生活をしている上で不自由になりますので、荷造りを行う際には、その時期に利用しない洋服や荷物を先に荷造りを行い、普段の生活の中で頻繁に利用する荷物に関しては、間際に行うなどの区別が必要です。
また、引越し前日の食事などは外食にしたり、簡単に食べれる物を用意するなど、引越し前日には冷蔵庫の中が殆ど空の状態にしておく事が望ましいのです。

 因みに冷蔵庫には霜などが解けた水を受け取るトレーが付いています。
このトレーは製品によって設置場所が異なりますので、どこにトレーが付いているのかや、どうやって取り外して水を捨てるのかなど、取り扱い説明書を見て覚えておく事が必要です。
そのため、事前にそれを行っておく事がお勧めです、
荷造りをしてしまい、トレーの場所や外し方が解らないなどで、荷造りをしたダンボール箱を開けて取扱説明書を探すと言う事が起きないようにしましょう。
 
また、冷蔵庫は、前日の夜には全て空にして電源コードを抜いておき、霜取りを行っておきましょう。
霜は一晩で水になりますので、引越し業者が来る前に、トレーの水を捨てておく事が大切です。
同時に、洗濯機なども前日の夜に給水管や排水管などを外し、電源コード、そしてアース端子などを外しておく事が大切です。
引越し業者が来てから行うとバタバタになりますので、余裕を持ち前の日に済ませておくと良いのです。
 
さて、旧居での挨拶ですが、これについては親しい人などの場合も含め、前もっていついつに引越をする事を話をしておく事が大切です。
また、旧居での挨拶は、引越し業者が訪れる前に、一声かけておくと作業中の迷惑も穏便に済ます事が可能です。
そして、旧居を離れる前に、お世話になった事を継げて住居を後にすれば良いのです。

 尚、この挨拶は前日に済ませておいても、近隣の人々には当日にも一声掛けておく事が礼儀でも有るのです。







-引越し手続き
-, ,

Copyright© 引越し業者見積もり館~おすすめの安い引越し業者を比較~ , 2017 AllRights Reserved.