引越しトラブル

引越しのトラブル例:荷物の積み残し

投稿日:

 引越しの時は、引越し業者もあわただしいものですし、依頼をした人間もあわただしいものです。
そんなあわただしい状況の中ですと、普段では起こらないミスやトラブルというのも、発生する可能性は高くなります。
そんなトラブルの1つとして挙げられるのが、荷物の積み残し。
引越しのトラックに載せてもらうはずだった荷物を、載せてもらうのを忘れてしまった場合です。

 例えば、このような実例があります。
引越しのときに、うっかり自分の自転車を積むのを忘れてしまったという場合です。
この場合、引越しのトラックが行ってしまった後ならば、別途運ばなければなりません。
自分で車を持っていれば、そこに積めばいいのですが、車を持っていない場合には、宅配便などを利用することとなります。
小さい荷物ならばまだしも、自転車のような大きくていびつなものは、宅配料金もかさみがちです。
せっかく引越し料金を安く抑えられても、宅配料金で10000円くらいかかってしまっては、元も子もありません。

 では、荷物の積み残しがないようにするには、どうすればいいのでしょうか。
このケースに該当しそうな荷物というのは、外にある大きな荷物などです。
自転車もそうですし、使っていない季節性の家電というのも、忘れてしまいそうな荷物です。
こういった荷物は忘れないように、あらかじめ荷物リストというのを作成しておき、その一番上に書き入れておくことです。

 また、積み残しとは別なのですが、場合によっては引越し業者が運んでくれないものというのもあります。
それは、引火性の高いもので、ガスボンベや石油ストーブなどがそれに該当します。
仮にそのような荷物があるのであれば、引越し前に処分をしてしまうか、自分たちで運ぶかしないといけません。
いくら綿密にチェックしても積み忘れてしまうことはあります。
そんなときに備えて、転居先へは自分たちの車で移動をしましょう。
そのときに最終的なチェックをすれば、忘れた荷物をピックアップできます。







-引越しトラブル
-

Copyright© 引越し業者見積もり館~おすすめの安い引越し業者を比較~ , 2017 AllRights Reserved.