引越しトラブル

引越しのトラブル例:延期・キャンセル

投稿日:

 引越しをするには、いろいろと準備をしなければなりません。
自分だけで引越しができるほど荷物が少ないのであれば、別に構いません。
しかし、そうでないのならば、引越し業者を決める必要があります。
業者を決めたら見積りを取って、そこから契約をして、最終的な引越しの日取りを決めるという段階になります。

 しかし、すべてが予定通りにいくとは限りません。
引越し直前に身内に不幸があったり、台風が接近しそうなのでキャンセルや延期をしたいという場合があります。
そういう場合、引越し業者はどのような対応を取ってくれるのでしょうか。

 「標準引越運送約款」によると、こういった事態の場合、以下のような料金を請求することができるようになっています。
引越し前日にキャンセルという場合には、引越し料金の10パーセント以内、それが引越し当日となると、引越し料金の20パーセント以内というような料金が発生します。
ここで気をつけたいのは、これは延期も含まれるということです。
ちなみに、2日以上前であれば、このような違約金の性格の料金は請求されません。

 ただし、前述のように、引越しというのは時間がかかりますので、事前にいろいろと段取りを打ちます。
引越し当日の数日前に、スタッフが食器などの梱包をするという業者もあります。
このように、すでに実施してしまったサービスに関しては、そのサービスに費やされた費用というのを請求される可能性があるのです。
また、引越しの業者によっては、引越し前にダンボールやクラフトテープを無料でおいていってくれたり、契約のときに何かものをくれたりすることがあります。
こういった物品は、返却をするか、実費で買取をしないといけないということになっています。
もちろん業者によっては、そうしないところもあります。

 理由は、どんな理由であろうと関係ありません。
自分の都合であろうが身内の不幸であろうが、請求はされてしまいます。
ただし、業者によっては、延期の場合のキャンセル料は相談次第でとられない可能性もあります。







-引越しトラブル
-,

Copyright© 引越し業者見積もり館~おすすめの安い引越し業者を比較~ , 2017 AllRights Reserved.